ペニス上反り形成術について

勃起角度を上げる(上反りにする)手術です

生まれつき勃起角度が低い、あるいは若い時と比べて加齢によって勃起角度が低下してきた、という悩みに対して勃起角度を上げる(上反りにする)手術があります。

皮膚に覆われているために見えませんが、勃起した時に硬くなるペニスの芯は海綿体で、それを白膜が包んでいます。
勃起のときは海綿体が膨らみ白膜が伸びて大きくなりますが、白膜の伸展のバランスによってペニスの勃起角度が左右されます。

白膜を部分的に切開縫合することにより、勃起角度を希望の角度に調節する手術が、ペニス上反り形成術です。

勃起角度を上げる(上反りにする)手術について

手術の際に重要なこと、それは安全性、正確性、整容性、持続性です

安全性

ペニス上反り形成術で最も重要なことは、ペニスの重要な神経や血管を傷つけずに手術することです。

ペニス上反り形成術は白膜を切開縫合しなければなりませんが、白膜の表面には重要な神経や血管が通っています。
ペニス上反り形成術では、これらに傷がつくことがないように保護しながら手術しなければなりません。

当院ではペニス上反り形成術の症例が大変多く、手技に慣れているため手術を安全に行うことができますが、不慣れな医師にはとても難しいことです。
このためペニス上反り形成術を安全に行うことができるクリニックは、全国探してもほとんどないのです。

手術について

正確性

安全性の次に重要なのは、勃起の角度をご希望に添って正確に調節することです。
調節不足でも、過剰調節でもいけません。

当院のペニス上反り形成術では、手術をする前に手術後の勃起状態をシミュレーションして患者様にご覧いただき、患者様のご希望と一致させるようにします。
手術はシミュレーションに基づいてデザインし、手術中に疑似勃起状態を作り出してシミュレーション通りに仕上げます。

整容性

整容性という言葉は聞きなれないと思いますが、外見をきれいに仕上げるということです。
当院は通常の泌尿器科ではなく美容外科なので、整容性にはとてもこだわりを持っています。

男性にとってペニスは第2の顔、見た目を犠牲にして良いわけがありません。

当院のペニス上反り形成術は、原則として亀頭直下を皮膚切開して行います。
なぜならこの部分の切開が一番傷跡が目立たないからです。
もし包茎症状があれば、余剰包皮を除去して包茎も治します。その上で勃起角度を調節します。

手術について

持続性

最後にもう一つ重要なことは、効果が長期間持続することです。

当院のペニス上反り形成術では、勃起角度の調節箇所を切開縫合して治します。
切開縫合した白膜は、その後離れたり伸びたりすることはないため、元に戻る心配がありません。

手術後の加齢現象やED(勃起不全)による新たな勃起角度の低下を除き、後戻りの心配はありません。

手術はわずか90分

勃起角度が自然に治ることはありませんが、適切に手術すれば、ご希望の勃起角度に治すことができます。
勇気を出して手術をすることで、男性としての自信を取り戻すことができます。

手術はわずか90分、時間が長引いたとしても120分程度で終わります。

治療費用

手術方法 料金(税別) 備考
上反りペニス形成術 50万円~ 曲がったペニス、あるいは通常のまっすぐなペニスを、上反りペニスに形成する手術です。ご希望に応じてペニスの反り具合をオーダーメイドにデザインします。
屈曲・湾曲ペニス修正術 45万円~ 根元あるいは途中から曲がったペニスをまっすぐに修正する手術です。
陰茎ケナコルト注入術 1回 1万円 外科手術での治療が困難な陰茎屈曲症(ペイロニー病)に対する治療法です。

毛は剃りません

ペニス上反り形成術を受ける患者様が心配されることの一つに、剃毛(ていもう)があります。
例えば盲腸の手術や、太ももの付け根からカテーテル検査をする場合など、 陰毛をツルツルに剃られてしまう場合があります。

一旦毛をツルツルに剃ってしまうと、見た目の問題もありますが、しばらくの間は無精ひげのような短い毛がチクチクする時期が続いてしまいます。

当院のペニス上反り形成術では、手術後に巻く包帯にからみそうな毛をわずかにカットする場合はありますが、 基本的に毛を剃ることはありません。

消毒はしみたりかぶれたりしません

ペニス上反り形成術はデリケートな部分の手術ですから、しみたりかぶれたりすることがないように皮膚に刺激の少ない安全な消毒薬を使用して、患部を清潔状態にします。

性感帯に影響はありません

ペニスの性感帯は亀頭と亀頭のすぐ下の裏側の皮膚(裏すじ)に集中しています。
ペニス上反り形成術では、性感帯に影響がない方法で切開・縫合するのでご安心ください。

縫合糸をお選びいただけます

ペニス上反り形成術で、包皮の縫合に使用する糸は、顔の整形手術と全く同じ素材の溶けない糸と、自然に溶けてなくなる糸です。

どちらを選んでも美容外科的な縫合によって普通の外科手術に比べて目立たない傷痕にできますが、 顔の整形手術と同じ素材の糸の方が、より傷痕がきれいです。

ただし溶ける糸と違って抜糸のための通院が必要になります。