ペロニー病(ぺイロニー病・パイロニー病・陰茎硬化症)治療について

ペロニー病(ぺイロニー病・パイロニー病・陰茎硬化症)とは

ペロニー病とは、陰茎海綿体白膜に硬いしこりができる病気です。
ペロニー病は、通常の屈曲ペニス(先天性陰茎湾曲症)のように生まれつきの症状ではなく、ほとんどの場合40~50歳以降の年齢で発症します。
ペロニー病のしこりは正常な白膜と違い、勃起した時に伸びることが無いため、しこりの部分が内側になり陰茎が屈曲します。
勃起時にペニスが曲がるだけでなく、痛みが出たり、ED(勃起不全)の原因になったりすることもあります。

ペロニー病(ぺイロニー病・パイロニー病・陰茎硬化症)は治療できます

ペロニー病は癌のような悪性の病気ではありませんが、通常の屈曲ペニス(先天性陰茎湾曲症)とは違い、病状が進行することがあるので、まずは手術治療ではなく、病状の進行を防ぎ緩和させる薬物治療が主体となります。
具体的にはビタミンEやトラニラストの内服治療、ステロイドの注射治療を継続的に行います。
長期間の薬物治療の後、病状が緩和した場合には、通常の屈曲ペニスと同様に手術治療が行えるようになります。

治療費用

治療方法 期間、回数 料金(税別)
内服治療 1ヶ月分 1万円~
注射治療 1回 1万円