手術の痛みを左右するのは麻酔方法

屈曲ペニス・湾曲ペニスのご相談で患者様が一番心配されるのが、手術の痛みに関することです。
誰でも痛いのは嫌なもの、当然のことだと思います。メスで切ったら血が出て痛いのではないかと想像するのが普通かもしれません。

それでは実際の手術の痛みとはどのようなものでしょか?

一度でも何らかの手術を受けたことがある人ならご存知かと思いますが、手術の痛みは麻酔の痛みです。
手術は麻酔の効果が出てから始めるものなので、メスで切る時や切った部分を縫い合わせている時は、意識があったとしても痛みは感じません。
麻酔で眠って手術する場合なら、痛みどころか、手術していることすら記憶に残ることはありません。

つまり、手術の痛みを左右するのは麻酔方法ということです。

当院の麻酔方法①  世界で最も細い注射針、ナノニードル

ナノニードル

麻酔注射の痛みを少なくするために効果的なのは、注射の針を細くすることです。
当院では、世界で最も細い注射針、ナノニードル(右写真の一番下)を使用して局所麻酔(注射による麻酔)を行います。

普通の注射針(身体用の太い針:右写真上、顔用の細い針:右写真中央)と比べれば一目瞭然。大変細いため、皮膚に針が刺さった感覚もほとんど感じません。
ナノニードルは目の整形手術で使用する極細注射針ですが、わずかな痛みも取り除くため 当院では男性泌尿器をはじめとした屈曲矯正手術にも使用しています。

当院の麻酔方法②  敏感な亀頭周辺には注射しない、ブロック麻酔

麻酔注射の痛みを少なくするために効果的なのは、敏感な部分を避けて皮膚の感覚が鈍いところに注射することです。
当院では敏感な亀頭や亀頭付近の皮に注射をするのではなく、皮膚の感覚が鈍いペニスの根もとの皮膚に麻酔注射することで結果的にペニスの先まで無痛にする、ブロック麻酔という方法で行います。

どの部分に注射をすれば、痛みが少なく確実に無痛にできるのか、 ペニスの神経を熟知した経験豊富な医師にしかできない麻酔法です。
さらに完全無痛をご希望なさる患者様には、上記の麻酔法に加えて、オプションで以下の2つの麻酔法を選択していただくことができます。

当院の麻酔方法③  痛みと緊張をやわらげる、マスク麻酔(笑気麻酔)

お顔に麻酔用のマスクをあてがい、痛みを和らげる笑気ガスを吸入するのがマスク麻酔(吸入麻酔)です。
ちょうどお酒に酔った時のように緊張が解けてリラックスし、痛みの感覚が鈍くなります。

マスク麻酔が効いてから麻酔注射をすると、注射の痛みをほとんど感じなくなり、手術に対する恐怖感もやわらぎます。

当院の麻酔方法④  眠っている間に無痛で手術する、静脈麻酔

麻酔が効いて痛みがなくとも、目が覚めていれば皮膚を切られている感覚が分かったり、手術の器具の音が聞こえたり、手術のライトがまぶしかったりと、痛み以外にも恐怖感が伴うことがあるのが手術です。
こうした問題を解消するために、眠くなるお薬を点滴して安眠し、眠っている間に注射や手術などを行うのが静脈麻酔です。

痛くないのは当たり前、緊張や恐怖感も一切感じることなく手術のすべてが終了する、パーフェクトな無痛麻酔です。

銀座みゆき通り美容外科の4つの安心